へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

のろけ。

大好きな彼。

円らな黒い瞳のキリッとしたイケメン。

わたしより年下。

多分八等身くらいあるかな。

野性的だったりジェントルマンだったりツンデレだったり。

音楽好き。

声も素敵。

お話も上手。

ベジタリアン

とってもいいにおい。

服のセンスも抜群。

色合わせが本当にうまい。

だいたいご陽気。

結構気まぐれ。

そんな彼にわたしは毎晩囁く。

彼の温かい鼻に口を寄せて何度も囁く。

大好きだよー。チュッ。

彼はじっと聴いている。

わたしの唇に鼻をくっつけたままで。

なのに彼から「大好きだよー」と言ってもらったことは一度もない。

いつか言ってくれたらいいのにな。

愛してるとまでは言わなくてもいいからさ。

 

そう、彼は体も触らせてくれない。

無理に触ろうとするとギャイギャイ言う。

そのあとは過呼吸のようにハフハフしてしまう。

何か悪い思い出でもあるのだろうか。

大きな動物に襲われたような感じがするのだろうか。

首の後ろやほっぺのところを指でカキカキしてあげるのにな。

そんな彼も指には乗ってくる。但し左手の人差し指。右だと乗りづらいようだ。少し離れたところからピコちゃーんと呼びかけながら指を差し出すと飛んできて止まる。鷹匠ならぬインコ匠だ。ちなみにピコちゃんはセキセイインコ

指を掴むピコちゃんの脚はとってもあったかい。体温高いからな。人間の体温計だとエラー表示が出るくらい。

 

モーツァルトや日本の民謡のCDをかけると、ピコピコピコピコ、ピコちゃーん、ピッコロリーン、おいピコ太郎!、ピコどした?、ピコたりんちゃーん、ロロロロ、わーピコちゃーん、いましたヨ…などとおしゃべりがスパークする。ベートーヴェンは反応がイマイチだった。

 

また明日の夜も愛を語ろう。