へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

やぎさんゆうびん

童謡『やぎさんゆうびん

フォーククルセダーズも歌った名曲。

 

くろやぎさんからのお手紙をしろやぎさんが読まずに食べちゃう。

しろやぎさんは「さっきのお手紙ご用事なあに」とくろやぎさんにお手紙書いたら、それをくろやぎさんは読まずに食べちゃう。

くろやぎさんは「さっきのお手紙ご用事なあに」としろやぎさんにお手紙を書く。

 

この歌を幼稚園の頃に習った。

やぎが紙を食べられるなら自分も食べられるはずだ、と5歳児は思った。

5歳児「この紙(新聞紙)食べていい?」

5歳児の母「いいよ」

5歳児「この紙(ツルツルした広告)食べていい?」

5歳児の母「それはやめときな」

…と、何種類かツルツルしていない紙を食べてみた。

思ったより美味しくなかった。

それ以来紙は食べていない。