へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

想い出の曲。

初めてのデートの車内でかかっていた曲、とか、初めての失恋の時に慰められた曲、とか何かしらに因んだ曲を世の中では「想い出の曲」と呼ぶのだろう。

 

曲自体をねっとりと聞いてしまうたちなのでどうも「想い出」より「曲」の方に比重がいってしまう。 

けれどそんな自分にも「想い出の曲」がある。

サザンオールスターズの『愛の言霊』だ。

 

音楽系短大の社会人入試に備え、毎日8時間くらいピアノの前に座っていた時期があった。

そんなある日、お尻の穴のあたりに違和感が生じた。一時的なものかとそのままにしていたがどうもよくない。

そう、日本人に多いと言われる例のアレになったのだ。

「中の」「外の」とか言うアレである。

ちょうど二月の今時分の既に入学が決まっていた頃。

これからもたくさんピアノを弾くことになる。

そんな時に更にアレが悪化したら厄介である。

意を決してわ京王相模原線沿いにある病院に行く。

明るい感じの待合室に老若男女がかろうじて座っている。

そう、ここではみな同士だ。

心なしか安心した雰囲気に包まれている。

 

診察の順番が回ってきた。

パッと患部を見て「これ切っちゃいましょ!」と医師は明るく言い切った。看護師もその横で微笑みをたたえている。

えーっ…お薬で様子見ましょう、じゃないんだ…

心の準備が全くないまますみやかに処置室に連行される。

白い台の上にうつ伏せに寝かされる。

先ほどの医師登場。

「レーザーであっという間に切っちゃうからね」と軽く言う。

うつ伏せの頭の至近にCDデッキが置かれた。スピーカー側がこちらに向けられている。

「この曲終わる頃にはもうおわっちゃってるから」

 

♪うまれくるっせりふとわっ、あおいほしのそわっ、なつのしらべとわっ、あいのことだま…♪

 

曲が終わった頃には処置も全て終わっていた。

看護師が「少し休んでくださいね」と言った。殺風景な処置室にそのまま取り残された。

今度はBGMはない。

 

しばらく休養して待合室に戻る。

会計を済ませ帰路につく。

行きの軽やかな足取りを再現するのは最早至難の技であった。

傷口を気遣いながら最寄りの駅までそろそろ歩く。

やっとのことで電車に乗れたがとても座席には座れない。

ガラガラの車内を横目に窓際に佇む。

曇り空の街が後ろへ流れていく。