へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

繰り返し。

始まっては終わって、終わってはまた始まる…という類の繰り返しは日常の中にも転がっている。

 

それとは別の趣きの繰り返しもある。

何度も繰り返し味わいたくなるものがある。小説だったり映画だったり音楽だったり絵だったり。

全部大体知っているのに何度も味わいたくなる。知っているつもりでも味わう度に自分が好きそうな新しいものを発見する。それはただ受け手の情緒の変動と連動しているだけなのかもしれないが。そして自分の中のどこかが密かに救われていることに微かに気づく。