へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

暗い春の嵐の日。

夏日のような気候が続いていたこの頃。

今日は風が吹き空が曇る。

ひんやりした空気の流れる夕方。

春の魔物が一斉に姿を現しそう。

どこかにいるなにかの機嫌が相当悪くなっているのではないか心配だ。

どこか、って、どこだ?

なにか、って、なんだ?

機嫌を悪くさせているのはだれだ?

どれもよくわからないけれど、まあそんなことがなければいいね。

朝が来れば目を覚め、動いても動かなくてもお腹が空く。

そんな些細なサイクルでさえ愛おしくなる。