へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

東京いろいろ。

虎ノ門、渋谷、立川に行く。

 

まずは虎ノ門

駅を降りる。

土曜だけあって人出はそんなにない。

このあたりはいわるゆ日本の中枢なのだろう。

今話題の財務省を始め使ってるのかわからない総理大臣公邸など官公庁が目白押し。そこに日本財団やら時事通信やら三井の会社やら野村の会社やら虎ノ門病院やらがわらわらと立っている。

強い日差しの中を国旗と旭日旗をボディに配した街宣車が「きっさまっとおーれーとーはぁーどうきのさぁくぅらぁー」と唸りを上げて大通りを行く。随分と特殊な国に生まれたものだとしばし気が遠くなる。

それはそうと、自分が知っている『同期の桜』とはメロディが違っている。ん??もしかしたら同じ歌詞でいろんなヴァージョンが存在するのだろうか。

金比羅宮にご挨拶して文化庁の見当にあるベーゼンドルファーショールームに向かう。そこで短大同期と音楽の勉強会。それから霞が関ビルの上でのランチへと流れる。東京タワーが見える。

 

会が引け、虎ノ門から銀座線で渋谷に向かう。

たまには渋谷のタワレコに行ってみよう。

いつもは新宿のタワレコ。落ち着いていて好きな場所だ。

ハチ公口から外へ出る。スクランブル交差点がド偉いことになっている。人、人、人…とんでもなく人だらけ。イマドキのヤングや海にいそうな人や諸外国からやってきた人やらがわんさか。様々な言葉が飛び交う。中国語、韓国語、その他アジア諸国語、英語、関西弁…全てが混ざってわんわんわんわんうねっている。ああ、溺れてしまいそう。

やっとのことでタワレコに到着。店内も新宿とは違って建物の中なのに外のような賑わいだ。

ああ、すごいな。

渋谷はもういいや。

 

その後立川へ。

駅を降りるとまあまあ結構な人出があるが、渋谷に比べればかわいいものだ。

「博多よりひとが多いな」と後方を歩く男の子が相方の男子に話しかけている。そうか、土曜の立川より博多の方がひとが少ないのか。

一通り買い物を済ませる。

 

東京多摩北部にある地元の駅に降り立つ。

ここにもまあまあ人がいる。

転入者も多い。

タワーマンションや普通のマンションもやたら増えてきた。

ここもこれからどうなるんだろうな。

 

ヒトの生態はどんな風に変化して行くのだろう。