へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

夢追い酒。

渥美二郎の『夢追い酒』がテレビから流れた。

大人しくしていたセキセイインコのピコちゃんがピコピコゴニョゴニョ一緒に歌い出した。

どうやら気に入ったようだ。

1978年のヒット曲。

当時、幼稚園児のわたしはこの曲が大好きだった。今も変わらず好きだ。懐メロ番組で二郎さんが出てくるとときめく。

抑制の効いた、しかも必要な表現がしっかりされていて、その上楽曲の良さも伝わってくる。流しで鍛えたセンスなのだろうか。他の歌手にはない凄みを感じる。歌唱力も変わらずうまいままだ。しかもいつも美肌だ。宇宙人じゃないかと思う。

大病をされてかなり苦労なさった時期があるという。そんなことを感じさせない静かな強さもある。

 

すごいな、二郎さん。

ピコちゃんにもそんなすごさが伝わったのかもしれない。