へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

とりわらわら。

最近近所に鳥さんたちが増えたような気がしている。

遊歩道をわらわらうろうろと。

そんな姿を見るとわくわくしてしまう。

 

道路をハトさんが渡るのを待っている車もこのところよく見かける。

横断歩道を赤で渡っているハトさんもいた。

とりさんたちはヒト以上に細かく色を見分けられるという。

 

立川駅の近くにもカルガモ親子が現れたらしい。

 

個人的には街中にとりさんたちが増えるのはヒトが増えるよりもうれしい。

ヒトが減って税収が減るのはうまくないのだろうけれど。

とりさんの仲間になってみたい。

仲間になってあのほわほわのお腹のなかにうもれてみたい。

なかなかいい匂いがするんだ、あのお腹。

セキセイインココザクラインコオカメインコ、キバタンあたりはいい匂いだ。ほかのとりさんは残念ながら嗅いだことがない。ぜひ嗅いでみたいものだ。

ジャコウインコなんてのもいるらしい。それはそれはいい匂いがするそうな。