へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

かわいそうに。

やりたい放題延期騒動は台風のせいで仕方なかったとはいえ自分にとってはかなりダメージだったようだ。

たしかに本番当日に向けて精神レベルを調整してきたからね。

それにしてもどうもわたしは相当ガッカリしていたようだ。

当日の午前中はいじけてベッドから起き上がれずふて寝をしていた。パラレルワールドではちゃんとやりたい放題を開催している自分がいるから大丈夫だと限りなくリアルに感じるなど思考がかなり混乱していた。

このいじけ具合を自分の意志ではどうにもコントロールできなかった。

こんな経験は初めてかもしれない。

その次の日も一日中ベッドの上で本を読んでいた。

さらに次の日…

お風呂あがりにふと白髪のチェックをしたくなった。

鏡を見ながら頭髪を掻き分けているとなんか見慣れないものが視界に入った気がした。

なんだこれは?

さらによく見てみるとそれは頭皮における頭髪の空白部分だった。

しかも円形を成していた。

大きさはおおよそ500円玉、というところか。

昨日まではなかった、というか、気づかなかった。

さらによく見ると毛根は存在していた。

白髪の髪が一本だけその地帯に生えていた。

白髪って強いんだな。

これが巷でよく言う円形ハゲ、というものか。上品にいうと円形脱毛症。

ふて寝している間に頭を枕にくっつけ過ぎたのだろうか。

とにかく、おやまあ、なんてかわいそうに。

そうだったのか。

そんなにまで思っていたんだね。

10円玉では済まなかったくらいだったんだね。

100円玉でも済まないくらいだったんだね。

千円札にならなくてよかったよ。

ありがとう。

そっかそっか。

かわいそうだったね、自分。

9月は思いっきり弾こうね。