へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

嗚呼、宇宙哉。

宇宙に出会う。

あれは平日の昼間、黄色い不思議な賃貸アパートらしき建物の上にクルクル回る物体が浮かんでいるのに出会った。

ピカピカピカピカ光りながらクルクルクルクル軽やかに回転していた。

16分音符の5連符のようなリズムだったから正確にはクルルルルクルルルル。

しばらくぼうっと眺めていた。

いつまでも楽しげに回転していた。

宇宙人が府中に遊びきていたんだね。

ろくにお構いもできませんでどうもその節は失礼いたしました。

うちゅう、と、ふちゅう、音が似てるからね。ウィーンを姉妹都市にしてる場合じゃないぞ、府中市

 

伊勢で宇宙に出会う。

斎王(天皇の代わりに伊勢神宮に年3回参拝するために都から伊勢へと派遣される皇女。亀の甲羅の占いでどの皇女が斎王になるかが決まるらしい。南北朝時代に制度が終わる)が都から伊勢までやって来る時の様子や斎宮での生活などを物語る映像を博物館で観た。

その映像の中に貴族同士が話をする場面が出てきた。その話し方が実に宇宙人を彷彿させた。敢えて言うなら、横山ホットブラザースの「おーまーえーはーアーホーかー」のイントネーションにやや近い。

 

コープで宇宙に出会う。

具体的には鮮魚コーナー。

スルメイカヤリイカホタルイカ

三角のアタマやイカにもアタマの良さそうなあの眼を見るたび、宇宙人を彷彿とさせじっくり見てしまう。それ故、干物コーナーや珍味コーナーですっかりスルメイカやらさきイカに遭遇した際には只管に心の中で祈るしかない。

イカは人の顔を覚える、とどこかで聞いたことがある。いや、それはタコだったか。多分お二方とも覚えるのだろう。だって宇宙人だもの。

たくさんある足や吸盤は知性の表れなのだろう。

「このイカ野郎!」はもはや褒め言葉である。「このタコ!」然り。

…そんなわけで、イカを食べるときはとても緊張してしまうのであまり食べないで密かに尊敬している。イカサマ、ではなく、イカ様。

 

おうちで宇宙に出会う。

セキセイインコだ。

宇宙人の置き土産、とも一部ではささやかれているようだ。

うちにセキセイインコがいる。

その名もピコちゃん。

正確にはこれは俗称。

正式名称はピコリーノ及びピコ太郎。

セキセイインコの顔からしてどことなく貴族的である。お鼻とお嘴がくっついていてその総体がやや縦長のハートマークのように見える。そして嘴の下方の両側にお髭のようなものがある。これもまた貴族的である。

また体本体と同じくらいに長い尻尾。

例えるなら本州と九州とが同じ長さ、という感じだろうか。

セキセイインコの囀りがどうにも宇宙と交信しているように聞こえる。

ぐるぐるピーピッコロチャーンぐるぐるんー?ロロロロロ(トリルも混ざっている)ピコピコピコピコ…

耳を澄まして聞いていると暗い宇宙にキューっと吸い込まれて行くようなグルーブ感がやってくる。

 

遠いようで意外と近い宇宙。

遠くの親戚より近くの質屋、とかいう看板が吉祥寺にあったっけ。

ムーミン冬眠。

ムーミンとーみん。

語呂がいい。

 

ムーミンは11月から4月まで冬眠するらしい。

ムーミン谷の冬』に書いてあった。

 

ヒトも一年のうち半年ぐらい冬眠の期間があったほうが何かと落ち着くのではないかと思う。

ヒトが冬眠している間の地球ってどんなだろう。結構いいんじゃないかな。

選挙公約に「11月から4月は冬眠制度を導入」なんてあったらんもう間違いなくその政党に投票する。ついでに「7月から9月はシエスタ制度を導入」も公約に入れて欲しいな。「6月には『梅雨休み』も導入」ってのもいいな。

神武天皇から歴代天皇全ての誕生日を祝日にする」ってのも入れてもらいたいな。

目指せ休日大国!

 

寒くなると冬眠したいなと思う。

寒いとゆっくり寝ていたいし、眠いし、頭もあまりよく動かなくなる。なのに無理矢理起きたり動いたりするのは本当にかわいそうな生物だなぁと思う。

ヒトみたいに無理矢理に起きたり動いたりする必要のある動物っているのかな。

 

卑近な例だと、うちのコザクラインコのポポちゃん(正式名称 ポポリーノ)とセキセイインコのピコちゃん(正式名称 ピコリーノ及びピコ太郎)。

お二方ともお日さまが出てあったかい朝はお元気ハツラツだ。お日さまが出なくてさむい朝はボンヤリしている。

 

ヒトもちょっとライフスタイルを見直した方がいいのではないでしょうか。

きれいになるなら…

きれいになるなら 恋より センイ

 

通勤途中の車内で見かけた『ファイブミニ』の広告のキャッチコピー。

恋より食物繊維の方がカラダにいいぞ、ということらしい。

頼もしいぞ。

 

そういえばこれでも

「きれいになったね」

と言われたことがかつて何回かあったわたしだである。

そのいずれもお付き合いのお相手がいない時やお別れした直後だったりする。

恋はしていないがセンイは足りていたのだろう。ありがたい。

 

恋をすると最初はなかなか楽しい。

しばらくするとウカウカソワソワして落ち着かなくなる。

そうしてウカウカしているうちに魂みたいな部分が澱んでくる。いや、魂は部分ではなく全体か。

5年かけて澱んだり20年かけて澱んだりはたまた3ヶ月で澱んだり。

相手の感性と自分の感性を張り合わせていくうちに自分の感性がすり減って澱んでしまう。

 

そこでひとりになると澱みはするするすると消えてゆく。ちょっとした清々しい気分になる。

ひとりのもの寂しさは時折訪れるものの、不思議と澱むことはない。

まあ一緒にいても澱まない関係もきっとこの世のどこかにあるのかもしれない。

 

かといってセンイも摂りすぎるとお腹が張ってどうしようもなくなる。あれは苦しい。けれどもすぐ解消する。新陳代謝はありがたい。

まあ一緒にいても新陳代謝が出来るような関係もこの世のどこかにあるのかもしれない。

魔が差して2,980円。

日頃よく使っているリュックをふと魔が差して黄色と青の看板の店に売ってしまった。他の使わないバッグと一緒に。

そしてその足で近所の百貨店に出向きいつもの店で新しいリュックを買った。

「リュックのコレクションが増えますね」と店員さんがニッコリ。

今さっきここの店のリュックをひとつ売ってきちゃったんだけどな。

 

新しいリュックが入ったその店の紙袋を片手に複雑な思いで家路に向かう。

 

あいつを手放すんじゃなかったかなぁ…

そういえば、黄色と青の看板の店に売りに行く途中に、あいつを売るのはやめとこうかな、とふと脳裏によぎったのを思い出す。

前の晩にバッグの整理をしていて、売っちゃおうと思ったバッグを紙袋に纏めた。その時点ではあいつはまだいたんだ、いつものところに。

寝しなにふと思いついて、どういうわけかあいつも入れてしまったんだ。

 

あいつとは苦楽を共にしてきた。

伊勢に何回かひとり旅したときも一緒だった。

伊勢にふたり旅したとき、松阪牛のお店で店員さんに味噌汁をかけられたこともあったね。熱かっただろうに。でもあいつは愚痴ひとつ言わなかったんだよ。ホテルに帰ってあいつを拭いてやったっけ。何度も何度も拭いてやったね。

でも翌朝あいつから味噌の匂いがプンプンしてさ、ハハハ。

そんなあいつが今はここにいない。いつもの場所にいないんだ。

ふと悲しみがこみ上げる。

自分の気まぐれからいまやあいつは黄色と青の看板の店の暗闇であの独特な匂いに囲まれながら不安な夜を迎えていることだろう。

ああ、あいつをそんな目にあわせてしまった自分の気まぐれが呪わしい。

 

翌朝、新入りのリュックを見ながらあいつのことを思い出す。新入りにも失礼だなと思いながらも思い出さずにいられない。

慣れないところで目覚めた朝はあいつにとってどんなだろう。朝から黄色と青の看板の店のテーマソングをあの独特の香りを嗅ぎながら聴かされているのだろうか。

想いは募る。

その夜、少しだけ黄色と青の看板の店に寄る。
ごめんね。
会えてよかったよ。
本当によかったよ。今までありがとう。ありがとう。

 

翌日、ヨガに行く。

先生に話す。

「きっと何かを手放したかったんですよ。そのリュックが何か役割を引き受けてくれたんですよ」

そう思うことにした。

 

ヨガが終わってから、12月の演奏会(ライブ)に着る服を探しに行く。

その帰り、あいつがいる店に立ち寄る。

この店のこの匂いは一体何の匂いなのだろう。置いてある商品にももれなく同じ匂いがする。

あいつもこの匂い染められているのだろうか。

まだいるかな、あいつ。

さりげなく売り場にあるバッグを探る。

あいつと一緒に売り飛ばしてしまったバッグを見つける。

幸せになれよ、と心の中でつぶやく。

買い取り価格の4倍以上だ。

価値を上げてもらったな、きみたち。

ん?こいつらがここにいるということはさてはあいつももしかしたら…

気がはやる。

片っ端からバッグ売り場をまさぐる。

リュックがどうにも見当たらない。

リュックはどこかと店員に尋ねようとしたが思いとどまった。

ダメだダメだ、そんなんじゃ。自分で探さなくちゃ…

あいつの姿はどこにもない。

もう遠いどこかに行ってしまったのだろう。いや、近くて遠いところかもしれない。いやいや、待て待て、まだいるかもしれない…

絶望と希望を綯い交ぜにしたような思いが胸を去来する。

リュックのコーナーを見つける。

はたしてあいつはいるだろうか。

 

そう、あいつはちゃんと待っていてくれた。

2,980円という値札をぶらさげて。

 

とうとう会えたね!!

あいつをひっつかむとそのままレジへ直行した。

レジの店員があいつを買い取ってもらった時と同じ店員だった。

自分が売ったものを自分が買ったことがバレないかと一瞬思ったが、それよりもあいつと再会できた喜びの方が上回った。

 

二日ぶりに会ったあいつは少し疲れているように見えたもののやはりいつものあいつだった。

 

ごめんねごめんねごめんね。

 

インディゴブルーと呼ぶのはオシャレすぎる濃紺のビニール袋に入ったあいつとウキウキしながら家に帰った。背中には新入りを背負って。

 

小曽根さん。

小曽根真さんは何度見ても何も聴いても毎回ワクワクさせてくれる。

 

昨日はN響との共演。

曲は『プロコフィエフ ピアノ協奏曲ハ長調

前から三列目の、ちょうど小曽根さんが弾いてる手も、演奏が進むにつれてだんだんと紅潮していく横顔もよく見える席。

小曽根さんの音はかっこよかったりおちゃめだったり優しかったりしなやかだったり色っぽかったり華やかだったり瞑想的だったりいろんな顔を見せる。聴けども聴けどもまったく嫌味がない。お人柄そのもの。

不思議な人だなぁと思う。

音を聴いていても話を聴いていてもどんどん吸い込まれてしまう。終わってほしくない…と思う。ああ、食べ終わりたくない、というほどに美味しい料理のように。

 

あの軽やかさと朗らかさは天性のものなのだろうか。

予感?

昨夜のこと。

寝しなに今まで聞いたことのないような、Jアラートよりも不快な音が耳に届く。

何事か?

遠目にスマホを見ると部屋の暗がりの中で赤い光を発している。

これは大変なことが起きたのかもしれない。

そういえばカラダが溶解していくようなこれまた今までにない感覚に襲われる。

もしやこれは核によるものかもしれない!

ああ、こんなに突然、けれどもついに来たか…

やっとの思いでスマホを手に取り画面を確認する。

通知がいくつか来ている。

福島県で震度5」

「東京で震度3」

…ああ、地震だったのか。

前半の部分はなんだったのだろうか?

 

翌朝、テーブルに置かれた新聞が目に入る。

核廃絶NGO 平和賞」

 

核廃絶を目指すNGOのICAN(International Campaign of Abolish Nuclear Weapons)がノーベル平和賞を受賞したというニュースが一面を飾っていた。

もっと動物だったころ。

薄ぼんやりとしてしまう、ひんやりとした曇り空。

うずうずしてしまう、台風の雨風が強まる頃。

魂が心もとなくなってしまう、春風。

お腹の底がじんわりしてしまう、突然の雨に降られた時。

 

自然のふとした場面でとても原始的な感覚が訪れる。

今日もそんな陽気。

ああ、哺乳類。

そういえば5歳くらいまで哺乳瓶を離さなかったんだわたし。

そのせいか永久歯になっても前歯の隙間が若干広い。おまけにビーバーの歯、とか言われる退化(進化)途中の小さい歯が左右の大きめな前歯のそれぞれの隣に寄り添っている。もしかしたら隙間は哺乳瓶のせいではなく退化途中の歯のせいかもしれない。その周辺には歯茎の中に入り込んで表沙汰になっていない過剰歯も潜んでいるのが数年前に発覚した。

さて、哺乳類、じゃなかった、哺乳瓶。

さすがにそろそろ離れさせないと、と思った母はいろいろ試したらしい。それでもわたしは離さなかったという。そんなこんなしていくうちに愛用の哺乳瓶の吸い口がボロボロになってきた。そこで母は新しいものに変えた。それがわたしと哺乳瓶の決別の時となる。その新しい吸い口のゴムがなんとも臭くてまずかったのである。

もういらない、と言ってゴミ箱に捨ててしまったらしい。そのころはまだゴミの分別収集などという時代ではなかったから、おそらくまるごとポイと捨ててしまったのだろう。

哺乳瓶には何を入れて飲んでいたのだろう?

バフバブ赤ちゃんのころは粉ミルクとか入れてたのだろう。粉ミルクがマズいと思い始めるのは何歳くらいからなのだろう。それからポンジュースとか節約ではなく専ら健康のために母によってひどく薄められたカルピスになっていった。牛乳は入れた時期もあったが、牛乳はそもそも牛の赤ちゃんが飲むものだし「牛乳を飲むと色が白くなるのよ」と母に言われ色黒なのを悩んでいた幼稚園時代のわたしは毎日浴びるように飲んだが飲めども飲めども一向に白くならず「白くなんないじゃん!」と母に抗議すると「牛乳なんかで白くなるわけないでしょ」と言われた思い出があるなどでわたしにはどうも飲めない。とれたての牛乳であろうとなかろうとダメである。その繋がりがどうか定かではないが、牛肉もあまり得意ではない。豆乳はとうふの赤ちゃんは飲まないからわたしでも飲める。

 

話が飛んだが、もっと動物だったころ。もっともっと哺乳類だったころ。

そんなころに戻ったみたいな。