へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

持病平癒祈願に薬王院まで。

持病再発。

二十代中頃から付き合いのある逆流性食道炎がこのところにわかに活気付いている。

モワモワするのもが上がってきたり、酸っぱいような苦いようなものを舌の奥で常に感じていたりとなかなか辛い。

そんなときは薬を変えたり食事制限をしたりしながら嵐が過ぎるのを待つ。

最初に診断を受けた時「あなたの年でなるのはあまり考えられないのですが…」と医師に言われた。豪快に飲み食いしていたわけではないのだけれど。どうもわたしは内臓を含め全体的にいまひとつ締まりがないのかもしれない。

 

高尾山薬王院に行ってきた。

今時分の平日は人が多くなくていい。

ここ数年で異様に観光客が増えたからな。

京王線高尾山口駅まで行って、そこからケーブルカーに乗ったり歩いたりして薬王院までたどりつく。

ケーブルカーの車内アナウンスが、日本語と英語で同じような独特の気だるいトーンでされていたのがおもしろかった。

拝殿に吊り下げてある何色か混ざった紐を手にお願いをする。

f:id:rumixagogo:20190212165752j:image

帰りは1号路を歩いて下山する。

ゆっくりと下っていく。

木の標識が現れた。

高尾山口駅金比羅台を経由して高尾山口駅へと向かう道に分かれる。

金比羅台の方にする。

金比羅神社にご挨拶してさらに行くとまた木の標識があった。

京王線高尾山口駅(1.1km)とJR高尾駅(2.3km)の二手に道が分かれている。

少し悩んでJR高尾駅の方へ歩くことにした。

舗装されていないので歩くには楽だ。

けれどもなかなかワイルドな裏山風情のある道だ。

台風などの爪痕だらけだった。

折れてしまった木々、根っこが寒そうに丸見えになっている木々…「痛かったね」と労わることしかできない。

歩いたことのない道を行くと感覚が開いてゆく感じがする。

荒れ気味の山道をなんとか歩いて人里までたどり着いた。

しかしどこだここは?

少し道なりに行くと甲州街道と思しき通りに出た。

この辺りは高尾駅から高尾山口駅まで歩いたときに来たことが何回かあるので大体わかる。

しばらく街道沿いを歩いていたが、途中で一本道を奥に入ったところにある京王線沿いのけもの道のようなところを高尾駅方面に歩いた。

けもの道の途中にこんなところがあった。

f:id:rumixagogo:20190212182519j:image

何の跡だろう?

かつて高尾の天皇御陵まで電車(御陵線と言ったかな)が通っていたと聞いたとこがある。もしかしたらその廃線跡かも…

 

NHK鉄オタ選手権。

チェックしてる訳でないのだが、だいたい偶然出くわし最後まで見てしまう。

今回は理科大鉄研の高橋くんがいい味を出していた。

 

中川家ダーリンハニーの鉄オタの人がたまらない。

中川家礼二の鉄道アナウンスネタもグッとくる。

そして何よりもわたしを引きつけて離さないのが兄ちゃんのほうだ。そう、中川家の兄ちゃんのほう。剛。

「ああ、今回もなんとか無事に出てはる」と半ば兄ちゃんの安否確認をしてしまう。

とりたてて番組を盛り上げる訳でもなく、礼二のそばに神妙な面持ちで佇んでいる。

そして時々むせたりしている。

そんな兄ちゃんの姿に静かな感動さえ覚えてしまう。

そう、それでいいんだ、剛!

いいぞ、兄ちゃん!

挙動不審なインスピレーション。

23日のRumi&Yukkoのやりたい放題に向けて雰囲気づくりをしている。

インスピレーションのアイドリングが主な作業だ。

なんとなくめくった楽譜やなんとなく聴きたくなったCDやなんとなくみたくなった本や人の話などから思いがけずインスパイアされたりするのがおもしろい。

 

まあ普段から気づくと自分のインスピレーション(だいたいは音楽用の)のエサを探してるような気もするけれど。

それが電車に乗ってる時だったりすると、無意識に虚空をにらんでいたり、どこか一点を見つめていたりしてしまう。「え、こっち見てる?」みたいにたまたまその付近にいた乗客に思わせてしまうことも時々ある。

そんなとき車内のドアの上の電光掲示板は便利だ。

「つぎはつつじヶ丘です」などと流れる文字を延々と睨みながら頭の中を捜索してインスピレーションの行方を追っている。もっと言えば頭の中を隅々までのぞいている感じだ。何か出てこないかな、何か見つからないかな、と。

目線は右上方、或いは左上方の時が多い。

こぐまのケーキ屋にやられる。

朝の通勤電車でこぐまに会った。

車両のドアにはりついていた。

ケーキ屋の店長らしい。

そう、『こぐまのケーキ屋さん』の宣伝である。

「もういくつ」という作品がそこには載っていた。

まったくなんなんだこの狙ったようなキュートなほんわかストーリーは!!

そんな策略には騙されないぞ!

何がおしょうがつたのしかったですね、だ。

何がおもちおいしかったですね、だ。

何があといくつねたらまたおしょうがつが来ますか、だ。

何がかわいそうだから少なめに言ってあげた、だ。

…とかなんとか思いながら何度も何度も読んでいるうちにほんわかじんわりしてきた。

 

結局その日のうちに『こぐまのケーキ屋さん』を購入してしまった。

おまけに後日、二巻と三巻も買ってしまった。

 

ほんわかしててなかなか面白い。

けれどもじっくり読んでいるうちに気がかりなことにぶつかった。

このこぐま、よくよく見るとなんだかホラー漫画に出てきそうな顔なのである。

笑っていてもどことなく表情が切羽詰まった感じなのである。

陰影が多いのかそれとも民芸品の木彫りの熊かモデルなのか…

健気でほんわかなのにホラー。

まあこのギャップが人気の秘訣なのかもしれない。

 

おそるべし、『こぐまのケーキ屋さん』。

 

ソフトフォーカス。

歳を重ねると目も耳もソフトフォーカスになってくる。

 

先日もテレビのニュースを何となく聞いていたら「小学生探査機が…」と聞こえてきたので、いよいよそんなハイテクなものが出来たのか!しかし何に使うのか?そこまで小学生の人数が減ってきたのだろうか??と思ったら…

画面には小惑星探査機の映像があった。

 

今日も保育園の近くを通ったら、園庭にいたこともが「保険はいるひとぉ〜」と叫んでいるのが聞こえてきたので、いよいよ保育園まで保険の勧誘をするようになったのか!それとも保険関係の仕事をしている身内を健気に助けているのだろうか?泣かせるじゃないかと思ったら…

「ドロケイはいるひとぉ〜」だった。

なんだ。

「ケイドロ」って言ってくれなきゃわかんないよ。

うみゃい。

お酒入りチョコレートが好きだ。

冬はロッテのバッカスやラミーやカルヴァドスやストロベリーリキュールなどお酒入りチョコに気軽に会えるのだが、そのほかのシーズンはなかなか会えない。

 

ロッテのお酒入りチョコもいいけどほかのお酒入りチョコも食べてみたいなぁ〜

メルティーキッスみたいな可愛いのじゃなくてもっとガツンとしたやつで〜

でもべらぼうに高値のやつとかじゃなくていちからさぁ〜

…と思っていたらこのところいろんなところでバレンタインデー対策コーナーが設置され始め、思いがけずロッテ以外の人に会う機会を得た。

f:id:rumixagogo:20190127140435j:image

フランスのひとらしい。

コアントローやマール・ド・シャンパーニュカミュ、ラベル5、セント・ジェイムズがセットで入って消費税込みで600円ちょい。

まあロッテのみなさんに比べると割高だがたまにはいっか。

レジで「プレゼント用にお包みしますか?」とか聞かれたので「あ、シールでいいです。袋もいりません」とお願いした。ご自宅用だもんね。

 

とりあえずアルコール度数が一番低いラベル5から食べてみた(ちなみに一番高いのはカミュ)。

包み紙をメリメリ剥がすとボトル型のダークチョコレートが現れた。

ふたのところからかじってみる。

流石にまだ液体はいない。

さらに食べ進めるとろりんとウィスキーが出てきた。

こぼれないようにそそくさと食した。

ロッテのみなさんより液体の量が多くてくーっとくる。

チョコレートのボトルの内側が砂糖でじゃりじゃりしてたらやだな、と思っていたのだが全くそんな心配は無用だった。

 

うみゃい。

 

インフルエンザ。

インフルエンサーというのはインフルエンザを撒き散らす人のことかとつい最近まで思っていた。

 

それにしてもなぜこの時期毎年のようにインフルエンザが流行るのだろう。

製薬会社が夜な夜なインフルエンザ菌を撒いてるのではないかと思うくらいだ。

 

インフルエンザにはこれまで何回かかかったことがある。

その中には思い出深いインフルエンザがある。

 

何年か前にかかったインフルエンザはなかなか面白かった。

 

体の中がモワモワして変だな、と思ってかかりつけの病院に行った。

熱も平熱だったし派手な症状もなかったので医者も「インフルエンザではないと思いますよ」とのことで診察が終わりそうになったのだが「でも一応調べてもらえますか」とこちらからお願いして、鼻の奥の粘膜を調べる例のあの検査をした。

そしたらなんとインフルエンザだったのだ。

医者も「いやーこんなの初めてだなぁ…いやー」と盛んに感じ入っていた。

体もそんなにキツくないのだがなんてったってインフルエンザなので何日か仕事を休むことになった。思いがけず連休になった。朝も寝床でグウグウグウ、たのしいな、たのしいな…と妖怪さながらの数日を過ごした。

 

それよりずっと前にインフルエンザになった時のこと。

熱が39度近く出た。

なのに辛いどころかものすごく幸せだった。

自分の周りが全てが明るく輝いてみえるのだ。

一点の曇りもない感覚に満たされた。

なんてクリアーなのだろう。

風景も音も全てがパァーッと開けて神々しく五感に入ってきた。

もしかしたら第七感くらいまであったかもしれない。

もうとにかく何もかもが美しすぎる。

ああ、ずっとこのままでいたい…

うっとりしながら病院の待合室で2時間くらい順番を待っていた。

病院の帰りもそれはそれは爽快でたまらなかった。

空が青くてどこまでも綺麗だぞー

すべてがきらきら光りに包まれてるぞー

What a wonderful world!!!

両手を広げてダダダーっと走りたい気分だった。

家に帰って軽い食事をしてから薬を飲んだ。

熱が下がるとともにもとの感覚に戻ってしまった。

心底がっかりした。

 

人間の中にはいろんな感覚が眠っているんだなと思った。

それが何かのきっかけで覚醒するのだろう。

 

インフルエンザウイルスが脳に入ったら大変なことになるなど危険な側面ももちろんあるのだが人間の神秘に触れることもできるのかもしれない。