へっぽこるみ日記。

毎日毎日日が暮れる。半期に一度の即興ピアニストのつれづれ。

皮ごといただく。

皮ごと食べたほうが結構美味しいことがある。

たとえばゴールドキュウイ。

一度皮ごと食べたらもう皮なしで食べる気がしないくらいうまい。味に締まりが出る。身だけいただくと案外やる気のない風味になる。この勢いでグリーンキュウイも皮ごと食してみたがゴールドキュウイにはとんと及ばなかった。グリーンキュウイの皮は中身を守る任務を徹底しているのかもしれないね。

桃も圧倒的に皮ごとの方がうまい。しかも硬めの桃がよろし。初めて皮ごと食べるときは、一口目は「むむう」と思うかもしれないが、それでもさらに皮ごとで食べ続けてみるといつの間にか虜になっている。ただし、繰り返しになるが硬めの桃の場合ね。

柿も桃と同様、硬めの柿を皮ごといただくのがおいしい。身だけ食べてもまあおいしい。けれども熟柿の種付近のコリコリした透明なところはんもうなんともうまい。

ぶどうはレッドグローブは「皮ごと食べられます」とよく紹介されているが、まっことその通り。巨峰は皮ごとだとポリフェノールがガツンとくる感じなのでお好みでどうぞ。マスカットあたりも同様。シャインマスカットは皮ごとでもいけるね。デラウェアはやはりポリフェノールの主張が強いかな。

バナナは皮ごとは厳しいな。まあ皮ごと凍らせたら釘が打てるんだから仕方ないよね。しっかり中身を守衛してるんだね。筋を食するのもさもさしててもちょっとな。みかんの筋はもそうだね。(そうそう、凍らせたバナナをレンジで解凍してハチミツとシナモンをかけてちゅるんといただくのが結構うまいんだよね)

みかんとかオレンジとかあのあたりも皮ごとはちょっとハードルが高いかな。レモンに関してはむしろ皮ごとがいいね。

メロン、スイカは皮ごと食べるもんじゃないかもね。枇杷もかな。イチジクもかなぁ。

梨は好き好きかな。

鮭の切り身なんかも皮もいただいた方がおいしいね。

やさいも皮ごと食べるものも多いね。玉ねぎはちょっと無理かな。

たまごの殻はすごいね。たまに卵焼きに殻が混入していたりするのをガリっと噛んでしまった時のあの感触は黒板を爪で引っ掻くのに匹敵する…って、殻は皮じゃなかったね。

売っている傘の柄のところにビニールがついてるのがあるけど、買った後もそのままにして使っている人を見かけるとひっぺがしたくなるね。皮とは関係ないけど。